このカテゴリのフィナーレ(笑)

養父認知症・実家の片づけ
02 /17 2017
養父の家を売却しての確定申告を終え、ホントにではなく
本気ですっきりした私がいる。

実の娘がいるのに、
養父のお金を預かっている事の違和感。
多分、もっともっと複雑な感情があった。
1円たりとも間違えてはいけない。
勿論、使い方を間違えるのは言語道断。
利益が出ないにしろ養女の私名義で相続することの違和感。


今日、長男が幼馴染の結婚式に出席するために帰ってくる。
帰って来たら養父の集めていた記念コインや旧貨幣を渡そう(笑)
本当は銀行で換金がてら養父の通帳に入金しようと思っていた。
その時に長男が言った。
せっかくじいちゃんが集めていたんだから、このままで。
 入院費とかで換金するなら、自分が換金するから。」


3万程だが、長男に譲っても
養父は「じいちゃん」として怒る事はないだろう(笑)

私は養父は嫌いだが(爆)
息子たちは養父を「じいちゃん」として好きなのだ。
だから長男は来られなかったが
次男と三男は家族葬でやるからとは伝えたが
強制したわけではないのにちゃんと来た。
三男は棺に入れる花の代金を出させてくれと申し出てくれた。
これは三男からの最後の贈り物として(笑)
おかげで大量の花を顔の周りに飾り立てられ
さぞかしむせる思いだっただろう(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ある意味、養父は「じいちゃん」として
子どもたちに精神的な「父親」のような役目も果たしてくれていたと思う。
養父は自分が男の子が欲しかった分、
私の子どもたちを孫として可愛がってくれた。

去年の3月に長男がお見舞いに行った時には
「じいちゃん」と呼び掛けた長男に
「血、繋がってるか?」と返していたが・・・(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

生存確認の電話をかけていた頃も
まずは、孫の一人一人の様子を聞いてきてきた。
何処に居るか、元気か、どんな仕事や学校か・・・。

夫○○君ですら
一度たりとも父親として
子どもたちが何処にいるか、元気なのか、
どんな仕事や学校なんて聞いてきたこともなかったのに(爆)

そして養父は最後に必ず・・・
「(自分の実の娘)は元気でいるのか?もうずいぶんと会っていない。」と。

入院していた時に
「(実の娘に)会いたいよね。」と言ったら
しみじみと
「会いたいな~。」と。
認知症が進んでいても、実の娘の事は忘れる事はなかったような気がする。
14年間会いたくても会えなかった実の娘に
とうとう会う事も送られる事も無く逝ってしまったという事を
真に可哀想だと・・・。


よしっ!
ちゃんと悲しむことも出来た!
・・・・・・・(って、この変わりようは何よ!)(笑)

後は毎年の墓までの道(他家の墓、5基分の前面の道)と
・・・これ、仕方ないんです・・。
多分、もう誰もお墓に来ていないんだと・・・。

養父家の墓の周りの草刈りを
シルバー人材センターの人にお願いして
墓参りがてらを理由に・・・地元の友達に会いに行こう!

これで「養父の認知症・実家の片付け」カテゴリは終わりにしよう。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

スポンサーサイト

来た!申告書!

養父認知症・実家の片づけ
02 /07 2017
今までの生活では普通なら確定申告をすることは、滅多にない。
たまたま、去年の初めに今の自宅の事で行って来た。
あ、4年前にも・・・自宅売買で・・・。
今までの2回は(面倒だな~。寒いしな~。)だった。
それでも済ませると、ホッとした。

今回は
養父の家の名義を一旦私にした。
そしてその家を売った。

去年から税務署に電話で相談していた。
利益が出ているわけではないので申告の必要はないと言われた。
でも、確定申告のお知らせのハガキが
届くかもしれないし、届かないかもしれないしとも。(笑)
届いたらハガキに必要事項を記入して投函すれば良いと。

「それで終わり?」
「多分・・・。」
「確認ある?」
「ハガキが行っても行かなくても7年くらい持っていれば・・・」

(7年? ひぇ~~~~~~~!!)



断捨離を一所懸命している時に、割って入る養父の書類~。
何故に私の断捨離を邪魔してくれる(笑)

決めた。
行かなくても良い確定申告に行くと・・・・。

・・・・・と、昨日までも必死に思っていた。
後は背中を押してくれるもの。

来た!
確定申告のお知らせのハガキが!

これが嬉しいなんて普通ではないだろう(笑)

記入して
下記の不動産等の譲渡(売買)については利益がないので申告しない。
そういうことでハガキを出せば終わりだろうけど・・・

何か万が一の時に確認作業があるやもしれぬ<税務署の
ならば、アホのふりをして(実際アホなのだが)
必要であろう書類をがっつり持って
「ハガキが来たんですがわからなくて~。」と行ってこう。
そう、私のe-Taxやマイナンバーの通知書も持って(笑)
そうすれば、一応係の人が・・・・
書類のチェックをしてくれる。
書類を見てチェックした記録が残る。

私に確認の電話などが来ることはまず無い
よっぽっどじゃないと無い
そのよっぽどは、よっぽどじゃないと無い
という所までいける。

ハガキを見てホッとするなんておかしいけれど
養父の呪縛からやっと、やっと、逃れられると心底思った。

まだ色んな書類を捨てる事は出来ないだろうけど・・・。
ガス、水道、などの色んな検針票まで5年近く前まで遡って探し揃えた。
とにかく色んなものはとってある。
確定申告が終ったら、家の売買に関するもの以外は何かあったら支払う覚悟で・・・シュレッダーに。

待ち遠しい2月16日。
今日の私は、かなり狂っている(笑)


後は・・・・雑草を刈ると必ずカブレる私の皮膚。
8月のお盆近くになったらシルバー人材センターにお墓周りの草刈りをお願いすること。
道から横に入って5基目のお墓。
手前の4基のお墓は、もう誰も来ないのか・・・・。
そこの草も刈らなければたどり着けない(笑)
往復5時間かけての道具持っての草刈りは無理・・・。

1度一緒に行って位置さえわかれば、毎年お願いして振込で良いという。
お世話になろうと思ってる。
もしかしたら、この「カテゴリ」はこれで終わるのかもしれない。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

確定申告・・・・したものか・・・2

養父認知症・実家の片づけ
01 /18 2017
養父が亡くなった事で
色んな届け出は昨年9月中に済ませた。
厚生年金、企業年金、後期高齢者医療保険、税金、介護保険、etc
届け出てからはあちこちから書類が届き
それを記入して送り返す作業が続いた。

12月なって
養父宛の確定申告に来てくださいというハガキが届いた。

税務署に電話をかけると
養父との相続関係にあるという証明書的なものはわかるが
なによりも
相続人の全員の委任状だったかな・・・???必要だという。
ひゃ~~~~~~~また妹かい?!

ところで・・・・
納めるお金なら
仕方ない・・妹にも書類書いてもらって、
私が代理で支払いに行く・・・が・・・

支払うのかどうかを訪ねると、、調べてくれて、、
3千円ほどのお金が戻るという。

あの~支払うなら行きますが・・
3千円ほど戻るというのなら行かなくて良いですか?


捨てますか?

はい、そこに行くだけで私の交通費の方が高いと。。。(笑)

こっちの確定申告は・・・・・捨てた・・・(笑)

捨てたお金はどこへ行くのかがちょっと気になるが・・・。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

確定申告・・したものか・・・1

養父認知症・実家の片づけ
01 /18 2017
我が家の部屋の一角に「養父コーナー」ともいえるスペースがある(笑)
これは不本意なのであるが(爆)

養父の金銭管理を始めた時に
我が家の金銭管理と全く別個の物とする為に
養父関係の印鑑やら、かき集め揃えた領収証、
私が関わり辿った事柄の書類などが1畳程の棚にひとまとめになっている。

その中にある一つが
P1120009.jpg
相続原本。
司法書士さんから
・・要は息子たちが自分のルーツを知りたいときにも・・・
そんな事を言われて渡された。

しかしだ。
養父の戸籍。
私や息子に関係あるのは養父と結婚したのが「私の実母」・・だけ。
養父の兄弟姉妹や父母や祖父母・・・皆、血の繋がりは無い。
要るか・・・??
息子たちの自分の血のルーツは辿れないし。

養父のたった一人の実子である(私の義理妹)にしか関係のない物。

捨てる・・シュレッダーにかけるタイミングを狙っている私。
養父の家も無くなったのだから
領収証、請求書・・入院してあった病状経過までファイルしてとってある。
捨てるタイミングは・・・
私の中では「確定申告」をする・・だったのだ。

確定申告について昨年の11月、
養父の家の売買が終了した段階で税務署に電話した。

「早い話が養父の家は取得した時の土地の代金より、
現在の土地の評価額よりも安く
確定申告しなくて良い」なのだ。
(そっか、じゃ、しなくて良いんだ。)

「ただ、一旦私の名義にしてるので私に
確認のハガキが届いたら
養父の取得した時の金額
私が相続して売った時の金額を記入して送り返す事。
ハガキは届くかもしれないし、届かないかもしれないし。」
(届かなかったら?)

「念のため7年間(?)保管」
(ぎょえ~~~っ!)

とりあえずの場所が7年間も苦痛だし
好きじゃなかった(ごめんよ、養父)養父コーナーがあるのも嫌だ
何より、7年後に細かい事を覚えているか不安~~(笑)

「電話予約して確定申告してしまう・・。それが手っ取り早い。」
(よしっ!)

その時には、例えわずかであっても折半した妹の銀行振込用紙が欲しい。
ここで時間がかかった(笑)
たったこれだけの事で1カ月はかかった。
何のことはない。
銀行口座教えてくれて振込めば済む話なのだが(笑)
妹と私は、妹の旦那を介してしかメールすらも出来ないという(爆)

この1カ月で「電話予約での確定申告12月に」は消え
「2月16日から3月15日の期間に来てください」になった。
くっそぉ~~~。

???
HPを見ると、確定申告の期間でない時には
待ち時間が長くなる事もあるのをご了承ください・・・って???

行ってもいいのか??

とにかく
3月であっても確定申告したら
少しは心置きなく処分できる・・・
例えば入院経過記録ファイルとか←処分しても良いとは思うが(笑)
妹が後に「知りたい」とは思わないだろうか・・・フム・・・。


m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

居なくなるという事

養父認知症・実家の片づけ
10 /26 2016
突然、思った。
(電話かけないと・・・。)
そして気が付く。
(あ、もういないんだ・・・。)

季節の変わり目や、盆、正月の前に
「生存確認で~す。」と養父に電話を入れていた。

たかが電話なのだけれど
私は一大決心をして、
更に叔母などに、これから養父に電話をかけると告げ(笑)
叔母に背中を押してもらって
生存確認の電話をしていた(笑)

それくらい私には苦痛な事だった。

その電話の後に妹に
「生きてたよ。」と電話を入れる。

年に5,6回の電話。

初雪が降り、寒くなっての今頃に一度電話していた。

もう電話しなくていいんだと思った瞬間に
ホッとした。
ホッとしたが寂しさもあった。
嫌いな養父だったけど(笑)

これから何度か、何年か思うんだろうな。

母が亡くなった後も、何年間か
(しばらく顔見てないな~・・あ、もういないんだ)
そう思う事が何度かあった。

母の葬式も、父の葬式も結局は出ていない妹は
二人が亡くなった事を
きちんと受け止められるんだろうか?

人が突然居なくなるって・・・
残った者は受け止めるには時間がかかるんだろうな。


ところで・・(笑)
養父の家は買手方のリフォームも入ってるのだが
名義はまだ私のままで・・
今月いっぱいで火災保険止めたかったけど・・・。
もしかしたら来月初めになるかも・・って・・・。

ハウスメーカーさんの奥の手とやらを使って
表面上の売買契約を終えたのはいいが
(買手の方の家は、更地にして明け渡す事が決まっていて
 早く引っ越ししなきゃならないので、
 養父の家のリフォームをしなきゃならない段階だった)
 
来月もなら・・・月払いの火災保険の請求するぞぉ~!(笑)


今回の事で思った。
家は借家が一番楽だ、きっと。
どこか修繕しなければならない所は大家さんに言えばいいし。
ただ、年をとっても貸してくれるかが問題だけど。
残る家の処分って・・・大変・・。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

トル

歩いて来た道
立ち止まり振り返り・・ふぅ~
え~っ!アラカンって言うの・・私。
いつの間に~~??(笑)

少しずつ考えてみたいなぁ~
いろんな事
これからの事