病んでる分部(笑)

つぶやき
09 /29 2016
やっぱり私、ある部分は病んでいるかも(笑)

排水管の高圧洗浄。
我が家は予定表からすると3日あるうちの2日目。
それの12軒目。
1軒15分程度として3時間後とすれば16時前後。
なんとも中途半端な時間。
ファイターズ優勝セールもやってるだろうスーパーに買い物はお預け。

16時前後とはあくまで目安。
留守の家は飛ばしてやってくる。
留守宅意外と多し。
去年は2時間前倒しで14時前には来た。(爆)

風呂場の排水溝の掃除をチャチャッと。

洗面所の下の排水管清掃に邪魔になる物を移動。
先日買った洗剤と同じものが手つかずであった。
(そっか・・・窓のカビ取るのに前にも買ってあったんだ・・)
簡単床ワックス3本発見。
(そうだ・・・床ワックスかけようと思っていたんだ・・・)
そうなのです。
自慢じゃないが買って満足するタイプ。
買うだけなので、いつまで経っても綺麗にゃならん。(´∀`*;)ゞ


洗濯機の排水口掃除の為に周囲を掃除。
周囲と言ったって何か物があるわけじゃない。
洗濯機のホース下の床を拭いて・・・・
・・・・・・??
・・・・さぁ、ここからが・・・多分・・・病んでる部分です!
さっきまで私は何をしていたか・・・。

洗濯機のホースの蛇腹を歯ブラシで掃除
(今しなくていいんじゃない?)
(そうなんだよね。)
(早く次のシンク下にとりかかった方が)
(そうなんだよね。14時前に襲撃してくるかもね)

せっせと蛇腹を歯ブラシしながら自問自答。
病んでるべ?(笑)

大掃除をしよう!
そう心に決めて掃除にかかる瞬間。
掃除機を出して、掃除機ヘッドを分解してから始める悪い癖がある。
掃除機ヘッド分解掃除して一日目を終える大掃除(笑)

妹も心病んでる部分があるが
私もきっと、何か心病んでる分部がありそうな気がする。
でも何かで読んだ。
自分が変だと思える間は変じゃないと。
だから私は変じゃないのか?・・・と思うのは変なのか?
そういう変な所がある(笑)

PCに向かってるなら、シンク下の物を出してしまえ!
そう言いたくなるよね(笑)


m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村
スポンサーサイト

ちょっとは掃除しとこ

つぶやき
09 /29 2016
昨日は日ハム優勝で嬉しい時間を過ごした。

今日は午後から、排水管の高圧洗浄。
年に1度の恒例行事。

消防の避難経路の確認とか、窓ふきとか
年に1度の恒例行事はいくつかあるけれど
この高圧洗浄だけは毎回億劫になる。

15分程で終わるのだけれど
お風呂場、洗面所、洗濯機、シンク下それぞれの排水管をやるが
シンク下が昔ながらの扉なら良かったのだけれど
我が家は全て引出タイプ。
大きな引出の中の物を取り出して用意せねばならぬ~。

ボールだ、ザルだ、保存容器と色々入っている。
ガーーッと出して食卓テーブル満杯にして、15分後にせっせとしまう。
たったこれだけの事なんだけど妙に面倒臭い感があって。
年に1度、引出掃除をついでにしてると思えばいいか・・・。

私は潔癖症ではない。
でも作業の人たち2~3人が入ってきて、
白目のフローリングに足跡付いてたりするとガーンっ!です。
お仕事だから何も言えないけれど・・・・。
今日は少しは涼しいけれど、ちょっと暑さを感じるような時は
汗ダラダラでシンク下に上半身突っ込んでの排水管清掃。
シンクで水を出して確認の時には何故だか髪の毛、布巾に触ってるし(笑)

一軒家の時には経験しなかった事。
みんなで少しずつ気を付けて生活しなければ・・。
昔、2階の人のお風呂の浴槽に汚い水が逆流してきたと聞けば・・・。
想像したらゾッとする。


そういえば
外からの窓ふきで あ~春なんだなぁ~
防災点検で 夏だっ!
高圧洗浄で 秋になるんだなぁ~
・・・・って
季節の感じ方・・・悲しい~~(笑)

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

同じ土俵にはあがらない 2

養父認知症・実家の片づけ
09 /28 2016
勝手に前回からの続きです(笑)

養父の甥っ子の電話の中でひとつだけ・・・・。

「昔あった事なんかはどうでもいい!仮にもお前の親だろう!」

そうです。
仮にも私の親だったのです、戸籍上は。

だから認知症と診断されてからは
養父の家に往復5時間かけて月の半分以上は通いもしたし、
倒れてから病院を、私の住む市に移して最後まで見たし。

でもひとつ聞きたい。
親というのは
娘の部屋に忍んできて「お母さんには言わないから」
ベッドに座りキスを催促してきたり
抱きすくめたりするものなのか?

おかげでこっちは「トラウマ」よ(笑)
一歩間違わなくたって、立派な性的虐待だと思う。
それを、昔の事はどうでもいい・・って。
勝手なことを言わないでくれ!
(笑)とは書いたが、精神的にきつかったわいっ!
でも戸籍上「養父」だし、仕方ないから最後まで見たさ。
これ以上は出来ない。

養父の甥っ子の姉(?)・・関係がよくわからん。
5月頃に電話がかかってきた。
同じ市に住んでる。
顔もわからない。
会ったことがあるとすれば50年前、半世紀前だ。

電話の内容は

お別れ会というのはかわいそうだ。
血の繋がりが無いからお別れ会にできるんだ。
私のおじさん(養父)が可哀想。
私は血の繋がりがある。
血の繋がりのあるほかの甥っ子や姪っ子はどうすればいい?
トルは養父との墓には入れないが墓守はしなければならない。
トルのした事は周りの大人たちがみている。
罰を与えるとかそんなことは私は言えない。

「血の繋がり」連呼30回は聞いた。

途中で
「すみませんが、もういいですか?もうこれ以上は聞けません。」
そこから黙った私。

向こうで電話を切った。 「今日はこれで。」
切られた時に思った。
向こうは私を「やり込めた」感が漂い・・。

でも、これ以上聞いていたら、私はぶちぎれていた。

今日はこれでって、また来るのかいっ!

同じ市に住んでいてタクシーでも15分くらい。
そんなに大事な「血の繋がった」おじさんなら、生きてる間に会いにきてやったら良かっただろうに!
死んでからなら何とでも言える。
盛大な葬式なんてできるわけがないのだ。
養父の親兄弟はもういない。
会社を辞めて20年以上経っている。
友達もいないのだ・・。
ここ数年の年賀状は・・・からと車と火災の保険屋だけだったのだ。
持ち帰ってシュレッダーかけるのに
7,8年分で20枚なかった年賀状だ。
それくらい人嫌いというか、人が家に訪ねて来るのを嫌った人だったのだ。
そして「元気かい?」と賀状をくれる人もいなくなっていたのだ。

そんな中で妹(養父の実子)の事もあり「お別れ会」に。

昨年の12月に養子縁組の離縁届を出そうとした。
何故なら・・・
家や土地はものすごい財産になると思っている昔感覚の養父。
その、家や土地や100万位の預金を実子に残したいと思っているのが見え見えだった。

それで養子縁組を解消すれば必然的に全部実子に行くから・・。
養子縁組を解消しても、暮らして行けるまでの基盤を作るまでは関わるから・・。
そういう私に

養父は「こ狡い」顔をして言ったのだ。
「今いまじゃなくていいべ?」 参照(笑)
何故、今ではダメなのか?
自分の身の回りの事を考えてくれる「義務」のある人がいなくなるから。

その時からちょっとずつ覚悟を決めて最後まで見て行かなきゃならないかなと・・・。

そんな思いの中では、私はこれ以上は出来なかったし
出来るだけの事はやったと思っている。
だから、
血の繋がった者に何を言われても良い。

血の繋がりで言われれば
養父は
「私は血が繋がっている姪っ子」の事は死ぬまで言って無かったです。
甥っ子の事も言って無かったです。

養父と「血の繋がらないトル」は毎月とりあえず話をしました。
養父が私に話してくれた事。

家の主が居なくなった家の事。
俺はもう家には帰れない事。
家は売って良い事。
毎日忙しくしている事。
猫の世話は良いが餌を買いに行くのが大変な事。
実子に会いたい事。
実子の心がささくれだっている事(養父が幻覚で毎夜会ってるらしかった)
実子のささくれだった心をどうにかしてやりたい事。
実子が会いに来ないのは全部自分が悪かったんだろう事。

だから、だから、、
今まで関わらなかった事が増えていくたびに
自分を責める事柄が多くなっているであろう養父の実子に
少ない人数で責める人も居ないから出てお出で~
一歩踏み出して、ここから少しずつ良くなっていこう
その第一歩が、養父の「お別れ会」だった。

家屋の売買が終わって、税金の整理や年金の未収金など
色んな金銭的な事が片付いたら
養父が望んだように、養父の実子(妹)にお金を渡しながら
家裁に家事審判申立書(死後離縁)を提出しようと・・
これは養父が生きてるうちから決めていた。


色んなことから
そろそろ自由になろう・・・そんな事を考え始めている。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

同じ土俵にはあがらない 1

養父認知症・実家の片づけ
09 /28 2016
人が一人亡くなるって・・・やはり大変です。
大切な人が亡くなった時に、
手続きを一つずつ進めながら認識していくのだろうか・・・。
そんな事を思いながら、とにかく目の前の手続きを順番に淡々と進めている。

「お別れ会」にした事に後悔はない。
そこには「思い」があった。

養父が本当に望むことは何だろう?
10数年会ってないたった一人の実子の娘に見送られる事?
いや・・違う。
その娘の心の病みが今以上に悪くならない事だろう。
そして出来ればほんの少しでも良くなる方向に行く事じゃないだろうか?

そう思い
「私(養女)家族」と「妹(実子)家族」だけの「お別れ会」にするから
一歩踏み出しておいで~。
天照大神を呼び出す勢いだった(爆)
そういう「思い」があった。
その思いはかなわず、火葬場に行く朝も2Fの自分の部屋から降りては来なかったという。

仕方ない・・・。



さぁ~ここからです!
葬儀などに揉め事はつきものだとよく言われます。
末っ子だった養父に親兄弟はもういません。
いるのは甥っ子、姪っ子・・養父のいとこは・・わからない 

終わって1週間後・・電話がかかってきました。
まずは養父甥っ子
保護された時にお世話になった甥っ子がいた。
この甥っ子・・介護福祉士さんやみんなの前では
「猫の餌とかなら、電話くれればいつでも車を出すから」と自ら養父に言っていた。

が!
2週間もしないうちに・・
「息子でも無いのに、買い物に連れて行ってくれと電話が来る!」と怒りだした奴だ。
去年の10月末頃の話だ。

あの時私は思っていた。
(安易に連れて行くと言わないでくれ。)
(これから一人で暮らし行くにはヘルパーさんの協力が大切だと養父に認識させたい。)

そして確認したのだ。甥っ子に。
「私は離れているのですぐに買い物と言われても出来ない。
 その分、ヘルパーさんたちが養父にとって大切な人だと思ってもらいたんだけど。」

「協力は必要だ。俺は車で10分もかからない所にいる。」
「本当にお願いしていいんだろうか?」
「協力する。」

多分、買い物に2、3回連れて行ってもらったんじゃないだろうか?
そこで
「息子でもないのに!」と怒り爆発されて、
昼から2時間半かけて養父の買い物に付き合うために行った事がある。

その甥っ子だ。

要はいろんな事が終わり
地元に残っているもの(家や土地)、諸手続きはどうするんだ!
一人でできるんだな!


・・・・最初から何も頼んでないし・・・・。
・・・・諸手続き、ほぼ済んでるし・・・・。
・・・・うんうん、一人でできるしな・・・・。


自分の(甥っ子)の力を借りない事、全てが面白くないらしい。

養父の地元に来たら電話をよこせ、話がある!
会って話をしてやる!

・・・・との事・・・。

行かないし・・・もう絶対に行かないし・・・・。


この甥っ子。。てがわるい。。
自分の姉(?)に電話して色んな事をいったようだ。
・・まるで女のような甥っ子だ・・・。
この甥っ子の姉→養父の姪っ子(?)・・これがまたすごかった。

次回に勝手に続くです。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

足りない・・悔しい

つぶやき
09 /22 2016
昨日の夜の歯磨きに思った。

これからやらなければならない事を考えると
大変だなぁ~と思ったが・・・

後見人になってやらなければならない手続きと
たいして変わらない。
そう思った時に瞬間に
(なぁ~んだ、大したことなかったんだ)
そう思った私は感覚がおかしくなっている(爆)

やっぱり・・大変だった(笑)

家の売買を待っていてくれる人もいるので
司法書士さんに会って必要な書類を聞いて
・・・相続してからの売買になっちゃったし・・・。
でも、こっちの方が早いのかもね(笑)

厚生年金、企業年金に銀行の通帳解約
介護保険被保険者証返納に後期高齢者被保険者証返納
固定資産税残額支払いと名義変更

最後の引き落とせなくなる水道代金を支払って初めて知った。
・・・水道代金を役場に支払って・・私に水道を名義変更・・へぇ~
・・・あの使ってないあそこ水道、私の水道なのかぁ~と変な感動(爆)
これって田舎だから?


マイナンバーや印鑑登録証を返納して・・・

売買やら年金やらの手続きに必要な
養父の戸籍謄本や住民票除票をまとめて戸籍課でとった。
この時に(多くとっておこうかな~)とフッと思ったがやめた。
何よりも、戸籍課の窓口の人と確認しながらの作業だったし。

自分の謄本やら住民票やら印鑑証明をそれぞれ多くとったら
それぞれであまりそうで・・・勿体ない事をしたと思ってしまった20日。

養父のを、それぞれの手続きに使う物に分けて

分けて・・分けて・・・え・・・??(°_°)

え~~~~っ!!!(;゜0゜)

え~~~っ!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

養父の戸籍謄本1部足りない!w( ̄o ̄)w
    住民票除票1部足りない!w( ̄o ̄)w

え~~~~っ!うっそぉ~~~~・・・・゚・(つД`)・゚・

金曜日
司法書士の所に書類置きがてら
足を延ばして・・・ふっ・・往復5時間かけて
戸籍謄本1部、住民票除票1部をとりに行く・・。

あ~~泣きたいくらい悔しい~。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

お別れ会でした

養父認知症・実家の片づけ
09 /19 2016
人は(いや、私かな?)不思議な考え方をするとつくづく思う。
夜中の2時53分
(さぁ寝ようとするか!)と歯を磨き・・・
電話が鳴った。
電話番号は知らない番号で、でも市内だ。
恐る恐る出てみると病院からの電話。

この時間だ。
全てを察知できる。
その瞬間に一気に全部全て何もかもの考えが
頭の中を駆け巡る。

誰に連絡する?(養父の実子は私の電話をとらない)
妹(養父実子)の旦那か?
この夜中に?
でも仕方ないよな・・。
家の旦那は私が動くので明日の朝一番にしよう。
あ、裁判所に電話して21日には出るという法務局の証明書の・・止められる?
預金下した方がいいか?

色んな事を考えてる間の数分。
電話の向こうの話もちゃんと聞いていて返事もしている私。

前日から微熱が出ていた。
でも夕食も完食し、食欲は落ちていないので大丈夫と判断。
15日になってから呼吸がおかしくなってきたので酸素マスクをしたが持ち直した。
(15日になって3時間も経っていない・・。)
心電図では今は安定しているようにもみえるが明日まで・・


ここまでの話を聞いていた所で
向こうでガタガタと慌ただしくなり・・・
「とにかく今から行きます。」
「どのくらいで来られますか?」
「タクシー拾って・・1時間以内には・・・。」
「・・・間に合わないかもしれません。」
「はい。」

この直後に息を引き取った。
あれだけ会いたがっていた妹(養父の実子)には結局会えないまま
危篤状態は1時間もなかったのだ。
危ないかもという状態から・・いきなり・・という状態に近いかもしれない。

ただ9日に会った時に
いつもの顔色では無いなと思ってみてきた。
顔色は赤く目の下は紫がかったような・・・
この時に
「長くないような気がする。
  後見始まったばかりなのに~ってガタガタしそうな気がする。」
そう叔母(亡くなった母の妹)に電話していた。

皮肉なもので養父は
養女である私の家族に見送られる事になった。
ハワイに遊びに行っていた三男は15日の朝に帰って来たので全てに間に合い。
次男は同じ市内なので当然。
長男だけは台湾から台風の影響もあり帰国することは出来ず。
「じいちゃんに伝える事はある?」
「いや、こっちで直接俺がじいちゃんに言っておく。」
この会話に笑う私の叔母(亡くなった母の妹)
夫○○君(笑)は、朝一番の電話で速攻帰ってきてくれ15日の昼にはいてくれた。

妹の旦那は・・・火葬場に行く前の納棺から・・・。

喪主は・・・私だ(笑)
どこまでも。。。。私だ(爆)
お別れ会とした。
旦那たちの会社からの香典も弔電もお断りさせていただき
本当の ・・・??何だろ・・?身内?家族?
表向きは家族のみでのお別れ会とした。


終わってからみんなが
「和やかで良いお別れ会だった。」と。
妹の旦那に至っては(色んな意味で気持ちは複雑だったはずだし、
               最初は居心地も良くないと想像していたはず)
「言っちゃいけない言葉かもしれないけれど楽しかったに近かった。」と。

いいんじゃない?
そうやって送られた方が・・・私はそう思う。

母が亡くなった時には
養父のごろつきや嫌味で、通夜の時も火葬場でも
みんなが嫌な思いをした。
それが原因で養父は、孤独となったのかもしれない。
あんな思いで送られるよりは、楽しかったと言われて送られる方が・・

楽しかったって言われて送られる方が
良かったっしょ! アホたれ養父!(笑)



始まりかけた「後見」は終わり「相続」となりました・・・。

P9120013.jpg


m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

考えが甘かった~

つぶやき
09 /14 2016
ありゃ~~、考えが甘かった~~!

色々やる事があって、気にしながらできなかった
・・・・いやいや、やろうと思えば、そりゃできるんだけど・・・
理由があるから後回しにする。
でも後回しにする理由にはならない。

乳がんの検診。
予約は3カ月前から入れてよしとなっている。
電話をして絶句。
私の担当は副院長。
「一番近いので・・・来年の3月6日なら午前中空いてます・・・」
「え~~~っ!」

確かに最低でも1カ月以上待つのは覚悟していた。
予想では(11月末くらいかな~?)だった。

考えが甘かった・・・。

乳房は左で引っかかって、このクリニックにまわされた。
その後、去年は右が引っかかり・・。

相談の結果・・・。
がんセンターで検診するなら、そこで今回検診して
まわされるようなら、3月6日の予約日を使い
引っかからなかったら予約日キャンセルという事にしましょうと提案され。
年が明けたら来年秋の予約をする事に・・・。

ここ数年、乳がん検診は本当に混んでいる。
良い事です。


m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

忘れちゃダメだ

ちょっとお出かけ
09 /13 2016
12日(月)の午前中に家裁へ「後見事務報告書(後見人就職時)」を提出。
同時に「居住用不動産処分許可の申立」ができるかと淡い期待。
これはダメでした。(そうだよね、世の中そんなに融通きくわけがない)
後見事務報告書を出して、後見が確定してからという事で

確定21日というからやっぱり思っていたより早いっ!

ちょっとホッとしたことで、
前から気になっていた所へ行って来ようと思ってしまった!

家の前からのバスに乗り真駒内へ。
あ~忘れてた~。真駒内へは40分かかるんだぁ~。)
乗ってから気づくのかい?・・だよな。

後でこの40分が後悔最大のものとなる。
真駒内でバス乗り換えで札幌芸術の森美術館へ。
所要時間15分。

40分で240円と15分で290円はバス会社の違いなのか
・・平地と登りの違いか・・いや、帰りは下りだ・・・
という事はバス会社の違いか?
・・・・この時点では、こんなアホな事を考える気力はあった。

見たかった・・エッシャー展
P9130029.jpg


全部では無いが、だまし絵的な
上っているのに平面で・・的な錯覚の世界。
パンフに載ってた一部
P9130001.jpg


あ~忘れてた~。目を酷使し、脳みそも混乱させると~・・・)

最後に写真用にと飾ってあった
P9120012.jpg

案の定・・・片頭痛の始まり・・・うぅぅ・・・痛いし・・・。
頭痛持ちなら最初から気づいてろ・・だよね。

痛いながらもどうしても見たかった
有島武郎旧邸を見学
P9120016.jpg

素敵な佇まいです。住んでみたくなるような。
大正時代の建築とは思えない作り。
ベアガラスだし、水洗トイレだし、カーテンレールのボックスもあって
窓のデザインは有島武郎自身がしたものだとか。
その窓のデザインのブックマークを記念に購入。
(ブックマーク収集の趣味あり(笑))
P9120028.jpg

この後、野外美術館もとは思ったが片頭痛が・・・。

かえろ・・・バスもちょうど来たし・・・。
片頭痛のバスはきつい。
バックを持ち替えて出てきたので
忘れた~、頭痛薬~)
頭痛もちが頭痛薬忘れるなよ・・だよね。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

ケセラ セラを極められない面倒な性格(笑)

つぶやき
09 /11 2016
昔っからの癖(?)というか
夜になって部屋の電気を点けて・・これが一番作業の進む私。

明るいうちにやればいいものを、なぜかできない。

結局、昨夜真夜中に(笑)
「後見事務報告書(後見人就職時)」 出来た!
最新の通帳記帳頁コピーや現金支出表コピーに病院領収書コピーをとり
・・・・・
待てよ・・提出すると手元に残らないぞ・・・・。

全てを再度コピー~~~~(笑)←私のもの~(爆)
  ↑
こういう所がしつこいと言われればそうかもしれん。

ん?もしかして、
「後見事務報告書(後見人就職時)」を提出したら
即刻、その後に
「居住用不動産処分許可の申立」を出せはしないのか?

書類作成を始め、申立理由を考えながらコーヒーカプカプ。
不動産屋さんから必要な書類は送られてきている。
全てを揃え、後は切手と収入印紙を買うのみ!

ん?コピー・・手元に残す為の・・・

真夜中に50枚近いコピーをとり
とりながら・・読む。
不動産売買契約書(案)
引っ掛かる条項が何か所かあったが、最後の最後に特約として
引っ掛かる条項が削除されることになっていてホッ。

昼間の明るいうちにどうしてできないのだろう?
それを考える事に時間を費やすメンドクサイ性格の自分(笑)

ケセラ セラはまだまだ遠い。
自分でどうにかできないかと思ってしまうこの面倒臭い自分。
・・・・
でも思った。
この性格、自分でどうにかできないか、いや私ならできる
そう思う自分があったから・・多分、今、生きている。

珍しく、二度寝した今日。
日曜日だし・・・(ここが意外と律儀(爆))
2年ほど前から毎日が休日のような生活のほぼ一人暮らしなのに
平日の世間の皆様が働いてる時間帯は起きなきゃと思う
これもまた面倒な性格(笑)

そこで気が付いた。
夜に寝れないと思っていたが
時間がずれてるってだけじゃないか?(笑)

この七面倒くさい母親に三男からLINE。
「アロ~ハ~」

(アロ~ハァ~?)
LINE画面に広がる青い海。
ヤシ(?)の木

「ハワイか?」
「うん。そうだよ~」

そっか・・・楽しそうで良い(笑)
若いうちはいっぱい楽しめ・・自力でな(笑)

明日は一番で家裁に提出してこよう!
これはGO!だ(笑)

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

わたしゃ、狭心症かも

養父認知症・実家の片づけ
09 /10 2016
9日(金)は午後から養父の病院へ行く予定。
病院に養父宛に来ていた家裁からの
「成年後見通知書」を医療相談員さんから受け取る予定もあり・・。
9日の午前中に来る病院からの請求書を持って支払いも。

いつもなら病院に行く2日前くらいから片頭痛で苦しむ。
血圧が上が90くらいまで下がっての片頭痛になる。
毎年脳神経外科でMRIに入るが、
去年の12月に診てもらい、今年の2月にも。

それが今回は片頭痛無し。
色んな事が良い方向に進んでるみたいだからな~と能天気な私

9日早朝、
目が覚めると胸が絞られようようだ。
首の中も舌の付け根あたりまで縦に絞られるようだ。
息がしずらく・・・
起き上がると楽になるが、横になると辛い。
奥歯がギューと絞まっていく。
20分くらいで治まった。

年に2,3度経験するが今回が一番つらかった。

養父の病院は午後からなので
午前中は自分の為の病院へ。

朝一番で電話する。
毎年、特定健診をしている病院が、たまたま心臓専門の循環器病院。

受付では特定健診は前日までの予約なのでと断られたが
看護士さんから
「特定健診で担当医指示の心電図だと数百円だし・・
今日、特定健診しましょ。」と言われ

行かなきゃな~と思っていた特定健診も済ますことも出来た。
何か得した気分~~♪

心電図、エコー、レントゲン・・異常は見られず
発作が
「今日あって明日もあって・・1週間に2~3回あるようになったら
 入院して検査、治療しましょ。」という事になった。
症状は狭心症の症状で。

多分、自分では思っていなくてもストレスなんだろうな~
   ↑
他人様から見た様に思い、自分を愛でる私(爆)

とりあえず安心して、午後は養父の病院へGO!

医療相談員さんが申立てをしてから決定までの速さに驚いていた。

この相談員さん・・・何度か
「トルさん、大丈夫ですか?」と声をかけてくれている。
具合悪そうな顔して病院に行ってるんだろうか?>私

「今回は私も一緒に病室に着いていきます!」
そう言って一緒に着いて行ってくれた。

それでわかった事もある・・。

養父は私を見て・・というより
私が養父を見ながら
「調子はどうですか?」と声をかけたから
私に対して
「おーっ!」と知り合い的な様子を見せたが・・・・。

一緒にいる相談員さんを
(誰だ?誰だったろう?)というような目で見ている。

最初は妹(養父の実子)だろうか?と見ているのかと思ったが

目の様子からみてそうじゃない。
やっぱり(誰だ?・・・)
そして、もしかして話しかけたら
「おーっ!」なんじゃないかとフッと思った。

「忙しい?」
「まぁ、何だかんだと忙しいね。」
「そっか、忙しいなら邪魔しないように今日は帰るね。」
「悪いね。今度ゆっくり。」・・・・先生が言ってた辻褄合わせ・・・だよね。

会う事3分。
カップラーメン面会。
昨日はあれが精いっぱいだった。
やっぱストレスかな~・・・・。

相談員さんが
「無理して合わなくてもいいんですよ。何かあったら私から連絡しますから。」
「でも面会は私だけ・・。誰も会いに来ないっていうのは可哀想で。」

末っ子の養父本人の兄弟姉妹はもう誰もいない。
退職してから誰とも付き合いはない。
母が亡くなって初七日や月命日に母の友達がお仏壇に・・
そう言って家を訪ねても無下に断られると。
家を訪ねる人は全く誰もいなくなった。
養父の実子も母が亡くなって10数年全く連絡をとっていない。

危篤の母の前で
「まだ俺は飯を食ってないっ!」と怒った養父。
母が亡くなった時には
家を片付けなきゃならないから霊安室に一晩泊めてくれと。
(いやいや、連れて帰ります)と言って
母方の親せきに一部屋片付けてもらった私の事が許せなかった養父。
仮通夜で「俺の寝る部屋が無いっ!」と怒った養父。
(バカたれがっ!言っちゃいけない言葉だ)
色々あった葬式・・・「自業自得」という言葉が浮かぶくらい。

でも、一生懸命生きてきたんだよな~。
そう思うと・・・。
また心の中で、葛藤~~←この波は能天気になりたい印(笑)

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村

トル

歩いて来た道
立ち止まり振り返り・・ふぅ~
え~っ!アラカンって言うの・・私。
いつの間に~~??(笑)

少しずつ考えてみたいなぁ~
いろんな事
これからの事