特別支給の老齢厚生年金

悔いること無く進みたい
03 /13 2017
8日の弁護士さんの無料相談の帰り道。
「年金分割の為の情報提供請求書」というのがどんな書類なのか
とりあえず用紙を貰ってこようと
年金機構に寄った。

迷惑だろうなの16時45分(笑)
受付の人が
「待ってる人も居ないので話を聞いて行きませんか?」

1対1の面談で
「年金分割の為の情報提供請求書」
用紙をもらいながら説明を受け・・・・
「あら?これって2年ちょっと前に・・・。」
「そうですね。一度出してますね。」

そうなのです。
これで確認して・・でも弁護士さんに相談したわけでも無く
99.9999%の確率も知らなかったので、
モタモタ考えてるうちに、養父の事に移行していった。

「3カ月以上、期間が空いていれば再度出せますから大丈夫ですよ。」・・・までは良かった。

いやいや、最終的には良かったなのだけど(笑)

「あら?トルさん、こういう封書届いてます?」
見た事のない封書。
「いいえ。」
「あ、じゃこれから届くんですね。3カ月前には届きますのでもうっすぐですね。」
「はぁ・・。」
「3カ月前に届いても、手続きは誕生日の一日前から受付ですからね。」
「はぁ・・。」


眼前に出された書類は「老齢給付請求書」とその「添付書類」の説明の紙

「えっと・・年金は65歳からにしようと考えています。」
「それとは別です。報酬比例部分です。これを貰ったからと言って
 65歳からの年金が減るわけではありません。」


・・・年金は曖昧に覚えてる事が多い。

「えっと、これくらいでますよ。」
「月にすると・・5千円ちょっとですか。」
「そうですね。」
「じゃ、私の相方も?」
「いえ、男と女の場合は違います。独身だと、もうちょっと貰えますね。」


そういう事を聞いた帰り道・・8日・・・ちょっと落ち込んだ。
解っていても「老齢年金」の言葉は衝撃的だった。
千円でも5千円でも、毎月貰えるようになると知って嬉しいはずが・・・

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

10日、戸籍謄本をとって年金機構へ提出に。
書き方のわからない所も教えてもらいながら・・・。
男性職員だった。
親切におしえてもらった後で、2年前に出してもらった
年金分割を行った場合の年金見込み額のお知らせ」を見せた。

それを見ながらの説明の中に
「60歳から65歳の直前までの5年間
 報酬比例部分がもらえますよ。」


私のパターンの前は報酬比例部分+定額部分を貰えていたらしい。
私の1年後の生まれの人からは61歳から
その次は62歳からと減っていき・・・S41年以降に生まれた女性は65歳からの年金だけとなる。

聞いてみないとわかんないもんです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

まぁまぁ、8日は5千円、老齢給付でちょっと自覚を促された話です。

お兄さんは続けます。

「トルさんの場合、既婚だと5千ちょっとですが、
 年金分割という事は離婚を考えてるというなら
 独身になったら、5万ちょっともらえますよ。
 既婚でもらってすぐに独身の手続きは面倒だから
 独身で・・・。」


もう話は聞こえていません。
あんなに落ち込んだ、老齢給付金ばんざいです。
Wワークの一つのパート代にも値します。
ちょっと、かなり、助かった・・まだ既婚だし
独身になれる保証もないけれど・・・。

聞いてみないとわからないものです。

自分の中の勝手な思い込みで
60歳から貰ったら、65歳からが少なくなるというか
65歳から貰う額も・・60歳から貰い始めた額(70%でしたっけ?)
その額をずっともらうので・・という思い込みしかないので

多分、3カ月前の手続きの書類が来ても
まだ関係ないものとして、無視した可能性もあった。

これがわかっただけでも行った甲斐があったとしみじみ。

m(_ _)m「ポチッ」♪

にほんブログ村 

にほんブログ村
スポンサーサイト

トル

歩いて来た道
立ち止まり振り返り・・ふぅ~
え~っ!アラカンって言うの・・私。
いつの間に~~??(笑)

少しずつ考えてみたいなぁ~
いろんな事
これからの事